柳 泰志 様 / 飲食業・代表取締役 | 株式会社Valuable Style

NO IMAGE NO IMAGE

柳 泰志 様 / 飲食業・代表取締役

受講者プロフィール

Profile

 

【新規受講】
受講日:2018/1/20-22
性別:男性
職業:飲食業・代表取締役
セミナー満足度:大満足

 
 

プロフィール
1978年5月25日 39歳

 

大阪市淀川区出身
妻と息子と仕事とその仲間を愛する経営者

 

飲食経営会社「株式会社グロウライフカスタム」代表取締役社長
労務コンサルティング会社「株式会社グロウライフ」取締役執行役員

 

2017年4月
アウェアネス教育(高橋代表)と出会い
「自分自身の考え方・あり方が全ての結果を作る」と知った。

 

お金、時間、クワドラント、レバレッジを意識し
「本当に大切なものを本当に大切にする事」を日々問いかけています。

 

IVPセミナーを受講しようと思ったきっかけは何でしょうか

Trigger

 

元々不動産に興味があったことと、
高橋代表が選んだ事業であること、
不動産投資への参入のハードルが具体的に何なのかを知り、
自分でも理解できるものかを知りたかった。

 

現在の事業の中で、Sクワドラントから、
なかなか抜け出せていない事もあり、流れを変えたいという想いがあった。

 

IVPセミナー3日間の中で最も学んだこと

lessons learned

 

・投資家の思考はレバレッジにある。
 お金だけでなく、自分を取り巻く全ての価値に対して
 レバレッジをかける意識を持つ必要があると感じた。

 

・不動産投資はただの投資ではない事。
 まさに事業であり、投資家自身と物件、
 両方に価値があるから銀行が融資するという事。

 

・高橋代表のビジネス構築がいつもALL-WINで
 全てにレバレッジがきいている事に驚愕…素敵すぎる。
 社員への接し方、委任の仕方に愛を感じた。

 

IVPセミナーを受講してチャレンジしようと思ったこと

Challenge

 

ビジネスパートナーに直接説明をするミッションがある。

 

2月に東京進出と3・4月に業態変更があり、
かなりタイトな中で新たな事業の取組みに対して
ネガティブなイメージがあると感じている。

 

パートナーのニーズと自分のニーズを具体化して、
この不動産投資が我々と我々の家族、従業員を長期に渡ってささえてくれる事。

 

資産を持つ事で今の事業をより楽しんで
好きにできる事を気持ちを持って前面に伝えたい。

 

そして、一緒にこの事業を最速で進めたいと考えております。

 

ご自身の不動産投資に対するビジョンと目標は何でしょうか

Decided was that

 

全然知識を持っていない自分がIVPを受講して全てを理解できることなんてありえない。

 

でも、自分は事業をしていて、事業融資を受けているし、事業計画も書いている。
銀行との相談もたくさんやっていて、自宅のローンも組んだ経験があるのでイメージはしやすい。

 

まずは毎日物件を5件以上確認し、VAS FLOWでキャッシュフローを計算しまくります。

 

収益力・担保力・稼働力の分析をみがく事。
銀行への物件を持ち込み融資枠の現在地を確認(6月まで3行)資金の出入りを整理する。

 

 

IVPセミナーに参加を検討されている方へのメッセージ

Message

 

不動産に興味がある人、投資に興味がある人、民泊経営をしていた(いる)人、事業をしている人、
数字が得意な人、建物が好きな人(私の嫁はこれ)、家具やリフォームに興味がある人、
今の仕事にやりがいを見出せていない人、将来に少しでも不安がある人、お金と時間が欲しい人、
何が大切で大事なのか分からない人、大切で大事にしている人が居る人。

 

・・・1つでも当てはまる人は絶対に損しません。

 

ビリビリッ!!バリバリッ!!っとカミナリが落ちるような体験ができますよ!!

 



PAGE TOP