自分の大切なものを大切にするための1つのファクターと捉えていますのて、次の二棟目・三棟目と増やしていきたいと思っています。

OWNED PROPETY
所有物件のご紹介
  • 物件所在地
  • 神奈川県横浜市
  • 物件構造
  • W造
  • ご購入年月
  • 2018年11月

物件を手にした今の感想・気持ちをシェアしてください。

2018年の5月に契約、11月に引き渡し予定という状況です。物件はまだ建設も始めていない状態ですので、あんまり実感がないというのが今の正直なところです。これから管理会社を決めるのですが、これも重要なファクターだと思いますので、しっかり吟味しなければと思っています。

物件を手にするまでには様々な出来事があったと思いますが、振り返ってみていかがですか?

この物件を決める前に、もう一棟良い条件と思える物件がありました。私が融資を受けれるかどうか確認している間に、別の方が買い付けを入れられたので、購入するには至りませんでしたが、やはりスピード感が非常に大事なのだと痛感しました。物件を探す過程で、さまざまな不動産屋を訪ねましたが、物件に狙いをつけて、不動産屋に地域調査をするのが一番楽しかったです。こんなに親切に対応してくださるものだと驚きました。

あなたが不動産収入を得る目的は何ですか?どんな未来を描いていますか?

老後のための資産形成が目的で賃貸経営に興味を持ちました。なので、一棟持てたら万々歳と思ってました。しかし、今ではそれを超えて、不労所得で生活の基盤をつくり、自分の大切なものを大切にするための1つのファクターと捉えていますので、次の二棟目・三棟目と増やしていきたいと思っています。

物件を手にするために、最重要だと思うのはどんなことですか?また具体的に行動したことは?

自分が今どれくらい融資を受けることができるかと言うことを認識しておくことだと思います。これを把握していることで、探す物件も見えてきますし、スピードも出るのだと思います。

不動産オーナーになるために、IVPがあなたに与えた影響はありますか?VASやIVPを選んでどんなところが良かったですか?

私の場合は、常にコンサルを担当していただいた鏡味さんの存在がとても大きかったです。本当に1つ1つ教えていただきながら、マニュアルの通りに進んだ結果だと思います。また、VASが、IVPが無ければ、一棟購入なんて考えなかったと思います。せいぜい区分マンションどまりだったと思います。高橋代表の借金は愛という言葉が無ければ、融資を受けるという価値観を持たなかったと思います。