【影響の輪】

投資家

2019年3月25日

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

自分はどれだけの人に影響しているのか
その影響の範囲を考えたことはありますか?
 
ひとりの人間の存在、言動は、
必ず誰かに影響しています。
 
それは、良くも悪くもです。
 
私が驚いたのは
最近の、あるニュースです。
 
それほど有名ではない、と思っていた方が
あらゆるところで活躍し、とても影響していたことです。
 
その人が
やってはいけないことをしたために、
 
来年上映予定の映画をどうするかの議論になったり
過去の撮影場面を全部差し替えなければならなかったり
 
たった一人の存在が
世界に、そして
過去に、未来に繋がる…
 
どれだけ多くの人に影響しているか
そのことが明るみになりました。
 
悪事を通じて判明したのは
残念でしたが、
 
ネガティブなインパクトだったからこそ
その裏側の、ポジティブな影響の存在にも
気づくことができた事件でした。
 
繰り返しますが
 
ひとりの人間の存在、言動は、
必ず誰かに影響しています。
 
自分自身の存在が
必ず誰かに影響するのなら、
 
私自身、
良い影響を与える人でいたいか?
悪い影響を与える人であっても構わないか?
 
と自分に聴いたら
やっぱり前者だな、と思います。
 
IVPやR2AMを通じて
たくさんの方からいただくのは
 
「実際にセミナー受講した人や、物件を購入した人の言葉が
とても心に刺さりました」
 
「あの人がオーナーになったのなら
私にもその可能性があるかも」
 
「不動産から収入を得ることができたら
私の人生が様変わりしていくことが見えてきました」
 
というお言葉です。
人が人に、とても影響しています。
 
新しい行動をすれば
新しい自分に出会えます。
 
同時に
自分の新しい行動は
周りの人に新しい行動を促す勇気を与えます。
 
IVPを受講し、不動産のオーナーになることは
住む人に住環境を与えるという影響のみならず、
 
新たな不動産オーナーを世の中に輩出する
素晴らしい波紋を呼ぶことに繋がります。
 
影響の輪には
あらゆる形がありますが、
 
Valuable Styleという場所で出会った私たちは
お客さま、スタッフ、
どの立場であったとしても
 
不動産を通じて
良い影響を与え合う「仲間」であれば嬉しい、
と感じた梅澤がお届けいたしました。

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

関連記事