融資を断られる本当の理由

不動産

2018年12月4日

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

最近、不動産投資の世界で
「銀行から融資承認を貰いにくい」
という言葉を聞くことや
言われることが増えました。
 
確かに、不動産投資を取りまく環境は
某銀行の件を発端として
2.3年前とは変わってきていると思います。
 
サラリーマンの副業で
簡単に融資を付けてもらえた時代から
しっかりと事業として不動産投資が
出来る方に融資をする、という
従来の融資方法に戻ったと感じます。
 
ただし、状況が変わったことだけが
融資承認されない理由ではありません。
 
弊社とお付き合いのある
金融のスペシャリスト
(元国税局出身のコンサルタント様)
曰く、断られる原因は
 
ファイナンシャルリテラシーのなさ
 
だというのです。
 
金融機関としては、融資したお金を
しっかりと計画的に返してもらわないと困ります。
 
お金に関してきちんと理解できているか
知識がしっかりとあるかを金融機関の担当者は見ています。
 
もしあなたが自己資金も年収もある程度あると思っているのに
融資を断られる、渋られるということがあれば
それはもしかすると貴方のファイナンシャルリテラシーに
NOと言われているのかもしれません。
 
周りの誰かや不動産会社の言うことを鵜呑みにするのではなく
しっかりと「知識を付ける」こと。
 
これが貴方が不動産を手に入れ
上手に運営する基礎となります。
 
最初に知識を付けることで
自分の夢や、本当にやりたいことを
思い切りできる人生を手に入れられるとしたら
貴方はどうしますか?
 
不動産事業で成功して夢をつかむためには
月に本を40冊は読まないと、と言われ
怯んでいる田上がお送りいたしました。
 
 
 
 

不動産の本を100冊読むよりも
知識とノウハウを手に入れることができるセミナーはコチラ⇩
<育成型システムIVP>

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

関連記事