投資物件は買うときから出口戦略を考える

不動産

2018年11月1日

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

初めて投資物件を買うときに、忘れがち。
というか、あまり調べていない方が
多いように思うのは
 
「出口戦略」です。
 
出口戦略といっても
そんなに難しい話ではありません。
 
要は、物件を買う際
「売却するとき」に損をしない状態で
売れる物件かどうか?を
しっかりと見定めましょう。
 
ということです。
 
投資の物件は、未来永劫にわたって
持ち続けるものではなく
ある一定年数の時間がたてば
手放す時がきます。
 
   
何故なら修繕費や空室率の上昇など
所有リスクが発生しやすいからです。
  
その他にもリスクはありますが
高値で売却できるうちに
手放すことを購入するときから考え
 
しっかりと収入の入る資産を購入することを
弊社セミナーIVPではお伝えしています
 
不動産投資は始める前に
様々な知識があればあるほど
しっかりと収益の出る運営ができます!
 
  
「まずは勉強しないと始まらない」
 
弊社が考える不動産投資については
・ホームページ
・R²AM
でも一端をお伝えしております。
 
これから始めようという方は
ぜひ「知識の習得」から
スタートしてみてください(*´v`*)
 
本日は田上がお届けいたしました。
 
✨Valuable Styleの不動産セミナー✨
 
———————— 

“本物の資産家になるための極意”実践セミナー入門編!
『R²AM』
————————

人材教育のプロによる資産形成セミナー
『IVP』
————————

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

関連記事