不動産投資-区分所有と一棟マンションどちらを選ぶか-

不動産

2018年10月2日

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

不動産オーナーになろう!と決めた際に決めることの一つとして

「どのようなタイプの物件を投資対象にするか?」を

決める必要があります。

 

 

よく聞かれるのは

「マンションの一室(区分所有)と一棟マンションどちらが良いのか」です。

 

Valuable Styleでは、不動産投資として

一棟マンションを購入することをオススメしていますが

 

 

「区分所有のほうが金額も安いし

ローンを組んでも返済しやすいし

少しの現金で始められるのでは?」

 

と思われる方も多いようです。

 

ではなぜValuable Styleが一棟マンションを購入することを

オススメしているのでしょうか??

 

それは…

 

 

①かかる労力と入ってくる収入のコストパフォーマンスが

一棟マンションのほうが良いこと

 

②区分は、その部屋が空いたら全額自己負担
一棟は、一戸空いても即マイナスにはなりにくい

 

 

など、リスクのコントロールがしやすいのが、一棟収益の利点だと考えています。

 

皆さま、想像してみてください。

 

区分所有を購入するとき、一棟マンションを購入するとき

共通の事項として、多くの人が下記の手続きや行動をとると思います。

 

・貯金する

・物件を探す

・融資先を探す

・融資書類を作る・資料を取り寄せする

・仲介会社と交渉する

・契約関連の書類を確認する

・契約する

・決済する

・管理会社を決める

・不動産事業を経営する

etc…

 

同じような労力を使って

毎月手元に残るお金が、例えば

 

区分所有一戸:数千円~2,3万円(初年度は0円ということもあります)

一棟マンション:10万円~30万円

 

上記のような差があるとしたら…

あなたはどちらを選びますか?

 

これは極端な例としてあげているだけですので

必ずしもこのような結果になるとは限りませんし

区分所有での投資が間違っている、というわけではありません。

(区分所有で利益を出している方も勿論います)

 

これはあくまで、ひとつの不動産投資の考え方です。

 

Valuable Styleはこの投資方法が

お客様の「老後」「夢の実現」「節税」に役立つと

考えています。

 

皆さまはどのような方法で不動産投資を行いますか。

参考にしていただければ幸いです。

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます!

今回は田上が担当させていただきました☺🌸

  • ツイート
  • シェア
  • Google+
  • はてブ

関連記事